ABOUT

「箸が、左右逆さに置いてあったらいいのに。」 ある左利きの男が発したコトバで、居酒屋にいた私たちはハッとさせられました。 左利きにとっては、右利きのためにできている世の中はとても生きづらいと感じているそうです。 そこで右利きにも、左利きが普段感じている"違和感"を体験してもらおうと 世界的に左利きの日である8月13日に、全国のカフェやダイニングバーで 箸を左右逆さに置くという活動を開始しました。 それが、LEFTEOUS(レフチャス)です。 もともとRIGHT(右)には、「正しい」という意味がありますが、 「右=正しい」とする社会の考え方を見つめ直す思いをこめて "righteous(絶対的な正しさ)"のrightをleftに入れ替えた"lefteous"という造語を考えました。 たくさんの方から「面白い!」という反応をいただき、現在はその活動の幅を広げています。 「左利き」をはじめとする、「帰国子女」や「うるう年生まれの人」や「声の小さいアメリカン人」など 世の中のいろいろなマイノリティのキモチを発信して、 みなさんに楽しみながら新しい発見をしてもらえるように、日々アイデアを考えています。 ここLEFTEOUS Online Shopでは、LEFTEOUSをコンセプトにグッズの販売をしています。 みなさん一人ひとりにも、実はマイノリティがあるかもしれません。 LEFTEOUS Facebookにはアイデアがいっぱいあるので、是非ご覧下さい。